ニキビ
にきびニキビについて

にきびのメカニズム

にきびのメカニズム

ニキビ

ニキビができる仕組みにきびは「ざそう」とも呼ばれ、医学的には「尋常性ざそう」と呼ばれる皮膚疾患です。
にきびは、段階によって白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビに分類されます。

これらのニキビはどのようにできるのでしょうか。

にきびができるまで

ニキビのでき方と種類毛穴の中の皮脂腺では、乾燥や刺激から皮膚を守る皮脂が分泌されています。
皮脂は古い角質と混ざって角栓を形成します。(毛穴パックで取れる毛穴の汚れは、この角栓です。)

角栓が毛穴につまった状態は、微小面ぼうと呼ばれ、ニキビになりかけている状態と言えるでしょう。
目には見えないので、この段階ではまだ気付きません。
毛穴がつまっている微小面ぼうが進行していくことで、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビになってしまうのです。

白ニキビとは?

毛穴がつまっている状態で、皮脂がさらに分泌されると、皮脂は毛穴の外に出られずに皮膚の内部で盛り上がり、皮膚の外からも見えるようになります。
皮脂や角栓は白っぽい色をしているため、白くポツポツと見えるようになるのです。
白ニキビは、にきびの初期段階ではありますが、炎症の原因になるアクネ菌はこの時期から増え始めています。

黒ニキビとは?

白ニキビでつまっていた皮脂が毛穴を広げて押し上げていくと、毛穴は開き、皮脂などが酸素に触れて酸化します。
毛穴が酸化された皮脂やメラニン色素によって、黒っぽく見えるため、黒ニキビと呼ばれます。

黒ニキビになると目立つようになってしまうので、メイクで隠している人や、気になってつぶしてしまう人もいるのではないでしょうか。(ニキビをつぶすのは良くありません。)
黒ニキビは鼻や頬にできやすく、目立つようになるとイチゴ鼻の原因にもなってしまいます。
また、黒ニキビが炎症を起こすと、赤ニキビに進行してしまうので、この時期でのケアが重要になります。

赤ニキビとは?

白ニキビ・黒ニキビで適切なケアをしないでいると、進行して赤ニキビになります。
赤ニキビは炎症にきびとも呼ばれ、痛みを伴い、見た目も痛々しいです。
赤く目立ってしまうので化粧で隠したくなってしまいますが、化粧などで隠してしまうと炎症がさらにひどくなり、化膿してしまいます。

白ニキビ・黒ニキビの段階で少しずつ増えてきたアクネ菌が、赤ニキビの炎症の原因です。
アクネ菌は毛穴の中の皮脂を栄養として、炎症を起こす物質を生成しているのです。
赤ニキビになると、正しい治療が必要となります。
これ以上悪化させてしまうと、跡が残ってしまうことがあります。

黄ニキビとは?

赤にきびがさらに悪化すると、化膿して黄色にきびになります。
黄色にきびは化膿にきびとも呼ばれ、ひどくなると周囲の皮膚細胞(毛包)の組織を破壊していきます。
これが肌の奥で起こると、にきびの跡が凹凸(クレーター)になってしまうことがあります。
また、肌には炎症が起きるとメラニンを生成して肌を守ろうとする働きがあるため、ニキビ跡が色素沈着になってしまう場合もあります。

黄色にきびは、早期治療が必要です。黄色にきびまで悪化してしまうと、スキンケアだけでは改善できません。
自分でケアすることも困難なので、皮膚科を受診することをおすすめします。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング