ニキビ
ニキビ跡ニキビについて

にきびが悪化すると…

にきびが悪化すると…

ニキビ

悪化によるニキビ跡ニキビは、見た目ではわからない微小面ぼうという毛穴のつまりから始まります。
この微小面ぼうが小さく目立たない白ニキビになり、少し気になってしまう黒ニキビになり、見た目にも痛々しい赤ニキビになって、最も重症な黄ニキビ(化膿ニキビ)へと進行していきます。
「目立つからつぶしてしまった」という声をよく聞きますが、悪化させてしまうとさらに目立つようになってしまいます。

重傷のにきびではニキビ跡が残ってしまい、にきびが治った後もニキビ跡が目立ってしまうこともあるのです。

赤ニキビ・黄色ニキビは跡が残ってしまうことも。

跡が残るニキビの種類

(CC BY-SA) kthrn

にきびが悪化していくと、炎症を起こしたり(赤ニキビ)、膿を持つようになります(黄ニキビ・化膿ニキビ)。
炎症を起こす頃から痛みをともなうようになり、にきびの炎症が皮膚の深いところまで広がっていきます。
さらに悪化していくと皮膚の深い部分まで膿が広がるようになり(小結節)、皮膚の下で小結節のいくつかが一緒になり、大きな膿瘍となってしまうこともあります。

赤ニキビになり、炎症が皮膚の深いところまで達してしまうと、皮膚を再生することが困難となり、跡が残ってしまう場合があります。
黄ニキビになると、適切なケアをしなければニキビ跡になってしまう可能性が高いです。
悪化させてしまったニキビは、セルフケアは困難なので、皮膚科や美容外科を受診することをおすすめします。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡は主に、赤みが残ってしまう場合や茶色っぽいシミが残ってしまう場合(色素沈着)、ニキビがあった場所が凹凸やアイスピックであけたような穴になってしまう場合(クレーター)があります。
色素沈着もクレーターも、炎症が重ければ重いほど、跡も残りやすいとされています。
「ただのニキビ」と軽く見ていると、一生消えない跡となって残ってしまう場合もあるのです。

赤み

にきびの赤みが残ってしまうのは、肌の中で炎症が起き、ニキビのある周辺でうっ血が起こってしまうからです。
このニキビによる赤みは、肌のターンオーバーによって、しばらくすると薄くなっていきますが、ターンオーバーが正常に行われていない場合には、跡が残ってしまう場合があります。

色素沈着

色素沈着には紫色になる色素沈着と茶色くなる色素沈着があります。
紫色になる色素沈着は、化膿や炎症が治った直後にみられます。
炎症によって肌の奥にある毛細血管が破壊された場合に、出血が起こり、血液の中のヘモグロビンの色(紫色)が肌に残ってしまった場合に起こります。
この紫色の色素沈着は、時間が経つとじょじょに茶色っぽくなってきます。

また、茶色くなる色素沈着は、メラニンが原因となっています。
炎症が起こると、肌の細胞を守るためにたくさんのメラニンが生成されます。
ニキビができて細胞が壊れている皮膚は、肌のターンオーバーが正常に行われません。
そのために、メラニンが肌の中に残ってしまい、茶色くシミのようにみえてしまうのです。

クレーター(凹凸)

赤ニキビ・黄ニキビで生じた炎症を抑えるために白血球が皮膚の細胞を壊してしまいます。
皮膚の真皮層の線維(コラーゲンやエラスチン)は肌の弾力を保つ役割をしていますが、この真皮層が壊れてしまうと、肌の弾力を保てずに凹んでしまうのです。

ニキビの跡は体質や肌質と関係している!?

ニキビの跡が色素沈着してしまう人もいれば、にきびの跡がクレーター(凸凹)になってしまう人もいます。
この違いは、その人の肌質や体質に関係しているとされています。
同じにきびでも体質によって、あまり目立たなくなる人もいれば、赤みが残ってしまう人、クレーター状になって目立ってしまう人もいるのです。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング