ニキビ
脂漏性皮膚炎ニキビについて

ニキビに似た湿疹

ニキビに似た湿疹

ニキビ

湿疹・皮膚炎の症状ニキビを適切に治療しているのに、治らなかったり、改善されなかったりする場合には、ニキビ意外の湿疹・皮膚炎を疑う必要があるでしょう。

似ているように見えても、原因は全く異なります。
そのため、治療方法も異なるのです。

ニキビと似ている脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)

脂漏性皮膚炎の原因・症状脂漏性皮膚炎は脂漏性湿疹とも呼ばれ、皮脂の分泌の多いところにできる湿疹です。
おでこや髪の毛の生え際、鼻などニキビのできやすい場所に発症するので、ニキビと間違いやすい湿疹です。

脂漏性皮膚炎の原因

ニキビの原因である皮脂が脂漏性皮膚炎にも大きく関係しています。
真菌という肌に存在するカビによって、皮脂は脂肪酸に分解されます。
皮脂が分解されるときに炎症を起こしてしまう場合があり、この炎症が脂漏性皮膚炎です。
ニキビにはアクネ菌が関与していましたが、脂漏性皮膚炎は真菌が原因と考えられています。

通常は無害な真菌ですが、皮脂の分泌過剰やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、皮膚を清潔に保っていなかった場合などに、真菌が増えて炎症が起きてしまいます。

脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎の主な症状にフケがあります。頭皮や髪の毛の生え際に炎症が起きると、フケが多くなり、かゆみをともなう場合もあります。
また、顔や体で炎症が起きた場合は、皮膚が赤くなったり、皮膚がむけてきたり(カサカサしてフケのようにむけてきたり)します。かゆみを伴う場合もあります。

脂漏性皮膚炎のできやすい場所

頭・髪の毛の生え際・小鼻の脇・耳の中・耳の後ろ・胸・脇の下などにできやすく、耳の後ろの症状などは、アトピー性皮膚炎の症状によく似ています。

脂漏性皮膚炎の治療方法

原因となるもの(ストレスや睡眠不足)を取り除くことや薬物療法を行っていきます。
ビタミンBを多く摂取することも大切です。
薬物療法は、抗真菌剤・ステロイド剤などの塗り薬や、抗菌剤・ビタミン剤・抗ヒスタミン剤などの飲み薬を使用します。

成人の場合は、慢性化しやすく、改善されても再発しやすいため、治療には数ヶ月〜数年かかります。

脂漏性皮膚炎は赤ちゃんでも発症する?

新生児は母親のホルモンの影響を受け、生後3ヶ月くらいまでは皮脂の分泌が多く、脂漏性皮膚炎を発症することがあります。
乳児の場合は、比較的治りやすく、清潔に保つだけでも症状は改善されていきます。

ニキビと似ている毛包炎(毛嚢炎)

毛包とは、毛穴の奥の毛髪を支えている部分です。
この部分に細菌(ブドウ球菌)が感染した場合に発症します。
一つの毛包で起こる場合もあれば、多くの毛包で起こる場合もあります。

毛包炎の原因

皮膚が湿った状態が続いた場合や毛包に傷がついた場合、黄色ブドウ球菌に感染すると発症します。汗をかいてそのままにしておくと湿った状態が続き、皮膚を清潔に保てないので発症する場合があります。

毛包炎の症状

毛包炎はニキビに似たぽつぽつとしたできものができます。
周囲が赤くなり、膿をもつ場合もあります。
かゆみや痛みはほとんどありません。
毛包炎でも、固く根を持ったものは深在性毛包炎といい、軽い痛みがあります。

毛包炎のできやすい場所

毛包炎は顔や背中、頭、太ももの付け根などにできやすく、深在性毛包炎は太もも、お尻、首の後ろなどにできます。

毛包炎の治療方法

毛包炎は局所を清潔に保つことで、自然に治りますが、抗生物質の内服薬・外用薬を使用する場合もあります。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング