ニキビ
食べ物ニキビの治療方法

食べ物でニキビ治療

食べ物でニキビ治療

ニキビ

ニキビに良い/悪い食べ物ニキビの原因が食生活にある場合もあります。
特に思春期ニキビは食事が原因となっている場合が多いです。
ニキビができると、スキンケアなどの外からのケアには力が入りますが、体の内側からのケアはおろそかになってしまいがちです。

ニキビ治療のためだけでなく、美肌や健康のためにも、食事はとても大切です。
ニキビ治療を良いきっかけにして、食生活を改めてみませんか?

ニキビと食事の関係

ニキビは体調変化のサインニキビは食事と大きく関係しています。
ニキビの原因である皮脂も、毛穴のつまりを防ぐターンオーバーも食事の影響を大きく受けているのです。
肌の外からの栄養も大切ですが、肌の内側からの栄養も大切です。
ニキビケアをしているのに効果が現れない…と言う人は、もしかしたらニキビの原因が食生活にあるのかもしれません。

食べ物から摂取した栄養素が、生命を維持したり、体を構成したり、体の調子を整えたりしていますが、お肌の調子も整えてくれているのです。

偏った食事は良くありません

忙しい毎日を過ごしていると、外食やコンビニのお弁当になってしまうということもあると思います。
「ビタミンCはサプリメントで摂取するように気をつけている」という人もいると思いますが、食事で摂取する栄養バランスがとれていないと、せっかく摂取したビタミンCも効率良く吸収されませんし、体もお肌も健康を保つことはできません。
いろいろなものを食べて、栄養の偏りがないようにしていきましょう。

にきびにいい食べ物

ニキビに効果のある栄養にビタミン・食物繊維・亜鉛などがあります。
バランスの良く栄養を摂取しながら、これらの栄養素は特に積極的に摂取したいですね。

ビタミン

肌に良い栄養素の代表格とも言えるビタミンは、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEがニキビに効果的とされています。

以下は各ビタミンを多く含む食品です。

ビタミンA 鶏レバー・ウナギ・ニンジン・小松菜・ニラ・ホウレン草・牛乳・チーズ
ビタミンB2 豚レバー・牛レバー・鶏レバー・牛乳・納豆・卵・ホウレン草・アーモンド
ビタミンB6 イカ・タコ・カツオ(生)・タラ・セロリ・サツマイモ・玄米・大豆
ビタミンC イチゴ・グレープフルーツ・レモン・パパイア・ブロッコリー・小松菜
ビタミンE たらこ・ぎんだら(生)・かぼちゃ・ごま・マーガリン・マヨネーズ

亜鉛

亜鉛にはさまざまな効果があり、ぜひ積極的に摂取したい栄養素です。
亜鉛には、新陳代謝を活発にする効果があるので、細胞分裂をスムーズにし、新しい細胞が作られるのを助けます。
そのため、新しい肌を作り出したり、ニキビの回復をスムーズにしたりする効果があります。
また、ニキビに悩む思春期の男性に亜鉛が不足がちであるという報告もあります。

亜鉛を多く含む食品
カキ(牡蠣)・うなぎ・牛肉・鶏レバー・豚レバー・大豆・納豆・ごま・抹茶・チーズ

食物繊維

ニキビは腸内環境とも関係しています。
便秘になると「ニキビが出る」という人も多いと思います。
食物繊維には、腸内環境を整える働きがあり、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やしてくれます。
腸内環境を改善することは、ニキビだけでなく肌荒れの改善にも効果があるのです。

食物を多く含む食品
納豆・おから・インゲン豆・えんどう豆・しそ・パセリ・ごぼう・モロヘイヤ・アボカド

ニキビに悪い食べ物

ニキビが出やすくなる食べ物には、油っぽいもの・動物性脂肪の多いもの・甘いもの・刺激物などがあります。
チョコレートはニキビに悪い食べ物とされていますが、実際のところ化学的な根拠はないのだそうです。
しかし、食べすぎは皮脂の分泌を増やし、ニキビの原因となってしまいます。
皮脂の分泌が多い思春期は、チョコレートを食べる機械が多いかもしれません。食べすぎには気をつけましょう。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング