ニキビ
つぶすニキビの治療方法

ニキビを触らない

ニキビを触らない

ニキビ

ニキビは潰した方が良いのか?ニキビがあると、つい気になってつぶしたくなってしまうものです。
にきびをつぶすと、その時は小さくなって目立たなくなったような感じがするかもしれません。
しかし、見た目ではわからない毛穴の中では、つぶしたニキビは小さくなってはいないのです。
つぶしたニキビはどうなっているのでしょうか。

ニキビは触ってはいけない?

触ってはいけないニキビにきびができると気になってつい触ってしまいますよね。しかし、触ると細菌がついたり、刺激を与えてしまったり、悪化の原因となってしまいます。
無意識のうちに触れてしまうこともあるかもしれませんが、それが悪化の原因にならないように、なるべく触れないようにしてにきびが菌に感染しないようにしなければいけません。

髪の毛が触れてしまう場合も同様に感染のおそれがあるので、額や髪の生え際などにニキビができた場合には、髪の毛が触れないようにしなければいけません。
また、にきびに触れて刺激を与えると、皮膚の組織を傷つけてしまうことがあります。
組織に損傷があると、ニキビ跡になったり、ニキビの回復に時間がかかることになってしまったりするので、注意が必要です。

なぜニキビをつぶしてはいけないの?

にきびをつぶすと感染症の原因となってしまいます。
爪などから菌が入り、悪化させてしまうことがあるのです。
また、赤ニキビなどの炎症が起きているニキビでは、炎症を悪化させてしまいます。

赤ニキビができている毛穴の中は、細菌がつまって炎症を起こしていますが、その周りにある細胞組織が傷つくと、にきびによってできた傷が真皮などの深い部分まで進行してしまうこともあります。
クレーターなどの消えないニキビ跡の原因になるので、ニキビをつぶすのはやめましょう。

針を火であぶってつぶすのも良くない?

赤ニキビが時間がたって白く膿が表面に現れたり、白にきびで表面に白い芯(コメド)が見えていると、ついしぼりだしたくなってしまうかもしれません。
針を火であぶって、穴を開けてしぼり出すのならいいのでは?
と思うかもしれませんが、これもニキビにはよくありません。

針をあぶるのは、殺菌できて良いように考える人が多いですが、黒いススがつく場合もあるので良くありません。
つぶして、なかにつまっている皮脂や膿をしぼり出す刺激も、皮膚細胞へ刺激を与えてしまい、炎症の原因になったり、メラニン色素が生成されることで色素沈着の原因になったりしてしまいます。

皮膚科ではニキビをつぶして治す!?

皮膚科や美容外科でのニキビ治療には、圧出(面ぼう圧出)という治療法があり、ニキビの表面に小さな穴を開け、皮脂や古い角質などが混ざったコメドを押し出します。
「自分でニキビをつぶしてニキビの芯を押し出すのと変わらない」と感じる人もいるかもしれませんが、病院での治療は過剰な負担をかけず、きちんと殺菌して感染症を防ぐことから、ニキビ跡にならず、早く治すことができます。

圧出(面ぼう圧出)のメリット

ニキビの表面に穴を開ける際にレーザーを使用することで、傷を最小源に抑えることができるので跡になりにくく、レーザーの熱によって毛穴の中のにきび菌などを殺菌できます。

また、炎症が起きてしまったニキビでは、膿を排出することで皮膚組織の損傷を防ぎ、炎症を早く沈められます。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング