ニキビ
妊娠ニキビQ&A

妊娠するとニキビができやすい?

妊娠するとニキビができやすい?

ニキビ

妊娠とニキビの関係妊娠中にニキビ(吹き出物)に悩まされる人はとても多いです。妊娠前とは異なり、顔だけでなく背中・胸・あごなどにニキビができたという人も多くいます。
妊娠が原因なので、出産後にはすっかり治っている人がほとんどです。
しかし、妊娠中のニキビが悪化してしまうと、ニキビ跡になることも…。
妊娠中は控えた方が良い薬もありますし、少しでも悩みを減らして妊娠生活を楽しく送りたいものです。

妊娠中の適切なニキビケアについて確認していきましょう。

妊娠中のニキビ(吹き出物)の原因

妊婦にニキビができやすい原因妊娠中のニキビ、体や心の変化はホルモンの変化が原因となって起こります。
つわりがある人、イライラしやすくなる人、疲れやすくなる人など、妊娠で起こる変化は人によって異なりますが、そのほとんどがホルモンバランスの変化によって生じるものであり、妊娠後期から出産後には症状がなくなります。

皮脂の分泌が過剰になる!?

妊娠初期は、妊娠を維持するために必要なエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は男性ホルモンと似た作用があり、皮脂腺の働きを活発にして皮脂の分泌を増やします。

皮脂は肌に潤いを保つために必要ですが、過剰に分泌されるとニキビの原因となってしまいます。
妊娠中のニキビの原因の一つに、皮脂の分泌過剰が挙げられます。

つわり中の偏食が原因!?

つわりの期間は、食欲が減退したり増進したり、人によって異なりますが、限られたものしか喉を通らなくなる人も多いです。

「ゼリー以外のものは食べられなかった」「トマトしか食べられなかった」というような話はよく聞きます。
つわりによって食の好みが変化し、甘いものやジャンクフードばかり食べてしまうという人もいます。
このようなつわり中の偏った食事がニキビの原因となる場合もあるのです。

妊娠中の便秘がにきびの原因に。

妊娠すると子宮が大きくなってくるので、腸の動きが鈍くなって便秘になりやすくなってしまいます。]
便秘はニキビの原因です。
便秘がひどくなる前に、医師に相談するようにしましょう。

妊娠中のニキビケアはどうしたらいい?

妊娠中は使用できる薬も限られています。悪化させないように気をつけて、ニキビ跡が残らないように気をつけましょう。

妊娠中の肌はデリケートなので、スキンケアは刺激の少ないものを使用するようにしましょう。
皮膚科で処方された薬には、妊娠中使用できないものもあります。
塗り薬であっても、妊娠中控えた方が良い薬もあります。
使用してから不安にならないように、妊娠前にもらった薬があっても使用せず、必ず医師に確認するようにしましょう。

また、にきびのケアには栄養バランスもとても大切ですが、つわりの間は無理せず、つわりが終わって食欲が出てきたら、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

ニキビがひどい場合には皮膚科を受診しましょう。

ニキビがどうしてもひどい場合には、皮膚科を受診しましょう。
皮膚科では、妊娠していることを伝える必要があります。
心配な場合は、産婦人科で相談してから受診するようにしましょう。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング