ニキビ
ニキビ跡,消すニキビQ&A

ニキビ跡を消すには?

ニキビ跡を消すには?

ニキビ

ニキビ跡を消す方法「若い頃につぶしたニキビ跡が今も消えない」「にきびのあった場所が凸凹になってしまった」など、ニキビ跡は一生残ってしまう場合もあるため、悩みは深刻な場合が多いです。
しかし、現在はニキビ跡の治療もたくさんあり、ニキビ跡を治して、自分に自信を取り戻している人もたくさんいます。

ニキビ跡の種類と治療方法

ニキビ後の原因と残さない為の治療ニキビはキレイに治る場合もあれば、赤みやシミ(色素沈着)、凸凹などの跡が残ってしまう場合もあります。
ニキビ跡のタイプや範囲(大きさ)によって、治療方法・治療回数などが異なり、治療の方法によって数ヶ月〜数年かかる場合もあります。
また、ニキビ跡の治療は皮膚科や美容外科などで受けることができます。

色素沈着

シミのような茶色っぽいニキビ跡は、活性酸素の働きで作られたメラニンが皮膚の中に残ってしまっています。肌のターンオーバーによって、通常は外に押し出されてきますが、皮膚がニキビのダメージを受けていると、なかなかターンオーバーが正常化せずに、跡が消えるまでに時間がかかってしまいます。
また、シミが紫っぽい色の場合は、ヘモグロビンが関与している色素沈着です。

色素沈着の治療方法

色素沈着を消すためには、ターンオーバーを正常化するための治療を行ないます。
主にピーリング、レーザー、フォトフェイシャルなどの治療方法が用いられます。

赤み

ニキビの炎症がおさまっても、赤みだけがのこってしまう場合があります。
肌の中で炎症がまだ残っているために、赤みが残ってしまうのです。多くの場合、時間が経つにつれて薄くなっていきますが、消えるまでに時間がかかる場合もあります。
赤みがなかなか消えないのも、にきびのダメージによって、肌のターンオーバーが正常に行なわれていないことが原因です。

赤みの治療方法

赤みの治療は、ピーリング、レーザー、フォトフェイシャルなどの治療方法があります。

凹凸(クレーター)

ニキビの炎症がひどくなると、表皮の下にある真皮層にまでダメージを与えてしまいます。
真皮層には、肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンがありますが、これらを壊してしまうことで凹凸(クレーター)跡が残ってしまうのです。

真皮層は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が表皮に比べて極めて遅く、真皮層にまでダメージがあると壊れた細胞を再生することができずに、跡が消えずに残ってしまうのです。

凹凸(クレーター)の治療方法

凹凸(クレーター)の治療は主にコラーゲンの生成を促すレーザーによる治療や、肌の再生を促進し、新しい皮膚に入れ替えるフラクショナルレーザーによる治療が用いられます。

ビタミンC誘導体によるニキビ跡治療

赤みや色素沈着のニキビ跡の治療には、ビタミンC誘導体による治療を行なうこともあります。
ビタミンC誘導体には、コラーゲンの生成を促進する・メラニンの生成を抑制する・ターンオーバーを正常化するなどの働きがあるため、ニキビ跡治療に効果があります。

しかし、凹凸(クレーター)ニキビ跡の治療は、ビタミンC誘導体を使用するだけでは難しい場合もあります。
真皮層の深い部分にまでダメージがある場合には、ビタミンC誘導体だけでは、細胞の再生を促進できない場合もあるのです。

【にきび治療特報】コンテンツ分類
  • 【ニキビについて】顔と体にできる原因は別?思春期と大人にも違いが!?にきび跡が気になる…
  • 【ニキビの治療方法】ケアには正しい洗顔・化粧水が必要!食べ物・ストレス解消・サプリでにきびを予防・改善
  • 【ニキビQ&A】妊娠による女性ホルモの影響とは?男のニキビケア大公開!にきび跡治療法が知りたい!
【にきび治療特報】コンテンツメニュー
  • にきびのメカニズム - 白・赤・黒・黄ニキビ
  • 洗顔でニキビケア - 方法・洗顔しすぎない
注目記事(にきび治療特報)ランキング